商品カテゴリー

柿渋染体験プログラム

検索条件

・商品カテゴリから選ぶ

・商品名を入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

  • みつる工芸メールニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース
本麻柿渋染めタペストリー 唐辛子に雪
唐辛子の雪化粧柿渋染めの鉄媒染に紅柄で唐辛子と雪を表現しました。枯れ草の質感や舞落ちる雪など細部にこだわったデザインが季節感を演出します。餅米などを原料とする「防染のり」を使った手法でプリント物とはひと味もふた味も違う、染めの質感が自慢です。地色は年月とともに茶色味が増す柿渋染め。長い目でお楽しみ頂けるタペストリーです。また、生地は生平(きびら)という標準的な厚さの麻を使い、本麻ならではの高級感を演出します。晩秋〜冬に飾るのがオススメ。
柿渋染とは
柿渋は古くから庶民の生活の中で日常的に用いられました。高い防水・防腐・防虫効果を持ち、漁網、醸造用絞り袋、染色用型紙や、渋団扇、紙衣,和傘などあらゆる日用品に塗られていました。柿を未熟な青柿のうちに採取し、粉砕・圧搾して得られる渋液を冷暗所で何年も熟成させます。渋取をした時は黄緑色ですが、時間がたつにつれ茶色にかわります。その柿渋を何回も塗り重ねると鮮やかな「柿渋茶」を発色し、化学染料にはない独特の風合いになります。また、柿渋は漢方薬としても知られ、タンニンが血圧降下、火傷、二日酔いなどに効くといわれています。古くからの染料柿渋を、大原の良い水と環境のもとに一つ一つ手作業で染め上げました。
柿渋染の特徴
●どんどん色味が強くなる柿渋染めの最大の特徴はどんどん色味が強くなる事です。これは柿渋の主な色素成分であるタンニンが年月とともに縮合重合するからなのです。だから使い込むほど、また古くなるほどイイ色になっていくのです!●防水効果柿渋は塗り重ねる事によって一種のタンニンの皮膜のようなものを形成します。そしてタンニンは縮合重合する性質がありますので、タンニンの皮膜はどんどん丈夫になり防水効果が得られるようになります。昔の番傘に柿渋が塗られていたと聞くとその防水効果は一目瞭然ですね。●塗布物を堅牢に柿渋の成分で忘れてはいけないのがペクチンです。このペクチンは接着性が強く、一閑張りなどはその性質を利用したものと言えます。縮合重合とともにペクチンは次第に不溶化傾向となり、塗布物は丈夫になります。
生地のこだわり
麻と呼ばれるものは非常に種類が多く、繊維用に用いられているものだけでも50〜60種におよびます。代表的なものに亜麻・苧麻(ちょま)・大麻などがあります。その用途も繊維用に限らず食品や医薬品にいたるまで実に多岐にわたっています。みつる工芸では、良質の手引き手織の本麻を使用しております。本麻だから紡績にはないナチュラルな味わいが楽しめます。
原液のこだわり
柿渋の原液は最高品質といわれる南山城地方産(現在の京都府相楽郡、綴喜郡のあたり)のみを使用しています。深みのある色の元になる柿のタンニン含有量が違います。最終の工程では玉渋と呼ばれる5年以上熟成させた最高級の原液で仕上げを行います。又、染色の色止めも天然成分を使用しております。
染色のこだわり
柿渋染は、刷毛を用いる「引き染め」にて染工を行います。引き染めとは、張木(はりぎ)と伸子(しんし)という道具を使い水平に張った反物に染料を刷毛引きします。細かい柄や文字を表現するのに適しており、京友禅、印染なども引き染めで地色を染色します。又、染色には大量の水が不可欠ですが、全て大原の山水でまかなっており、一切水道水は使用していません。
特徴
「本物にこだわりたい」という方にお薦めしたいのが、こののれんです。化学染料に少量だけ柿渋を混ぜて「柿渋染め」をうたう商品があふれていますが、みつる工芸ではそういう「まがい物」は作りません。本物の柿渋だけを使ってひとつひとつ手作業で染め上げます。天然素材・天然染料を使い様々な職人の技を一つにしたみつる工芸の自信作です。柿渋染は染め上がったばかりの生地は浅い茶色ですが、徐々に濃く深い色合いに発色していきますので、その変化もお楽しみ頂けるのではないかと思います。(発色は一定の色合いにて止まります。)又、柿渋に軽い撥水効果と抗菌防臭効果もあり、インテリアには最適な染めとなります。業務用として】みつる工芸の本麻のれんは「雰囲気にこだわる」小売店や飲食店など業務用としても高い人気を頂きご愛用頂いています。お店の屋号などを染め抜く「別注のれん」も承っております。【注意点】○ 柿渋染は染め上がったばかりの生地(商品)は色が薄くなっていますが、その後ご使用頂きながらも柿渋のタンニン質が発色し深く、濃い色合いになります。○ 開封時に特有の臭いを発することが御座いますが、これは柿渋の成分で、体に害を及ぼすものでは御座いませんのでご安心下さい。この臭いは御使用頂くにつれ取れていきます。○ この商品は本麻という手紬、手織の生地を使用している為、多少の織りキズや糸飛びが御座います。○ 天然染料による自然環境を利用した染めの為、染めむらや商品よっての色の違いがありますので、この点をご理解のうえ御検討下さい。
みつる工芸の商品は天然染料を使用しお作りしております。
柿渋染めや草木染めは発色作用がある為、出来る限り染めたての
商品をお届けする事を心がけております。
染めたての在庫が無い場合は天候の関係もあり、お届けまでに20日程度
お時間を頂く場合もございます。
ご迷惑をおかけしますがご了承を頂ければ幸いです。

本麻柿渋染めタペストリー 唐辛子に雪

商品コード: 10000680

販売価格(税込) 10,800 円
個  数

カゴに入れる

本麻柿渋染めタペストリー 唐辛子に雪

軸木 渋塗りの吉野杉
タペストリーの上下の軸木には
良質の吉野杉を使用しました。
防虫・防腐のため柿渋を塗布。
ひもの部分は京の組紐を採用。
絵柄アップ
枯れ草の質感や舞落ちる
雪など細部にこだわった
デザインが季節感を演出します
柿渋染めの鉄媒染に紅柄で唐辛子と
雪を表現しました。枯れ草の質感や
舞落ちる雪など細部にこだわった
デザインが季節感を演出します。
餅米などを原料とする「防染のり」を
使った手法でプリント物とは
ひと味もふた味も違う、染めの質感が自慢です。
地色は年月とともに茶色味が増す柿渋染め。
長い目でお楽しみ頂けるタペストリーです。
また、生地は生平(きびら)という
標準的な厚さの麻を使い、
本麻ならではの高級感を演出します。
晩秋~冬に飾るのがオススメ。
サイズ:巾44cm×丈120cm(生地サイズ)
素材:麻100% 杉材 組紐
使用染料(顔料):柿渋・玉渋・紅柄
お取扱・お手入れについてはこちらをご覧下さい。
楽天支店へ

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL

■お支払いについて■


--> 銀行振込・郵便振替・代金引換をご用意しております。
●玄関でカード払いができるヤマト運輸の宅急便コレクトをご希望のお客様はお支払い方法を代金引換とご指定ください。宅急便コレクトでは以下のカードがご利用になれます。

詳しくはこちらをご覧下さい。>お支払い・送料<

■お届けについて■

●運送業者 ヤマト運輸
  • 在庫がある場合は3営業日以内に発送いたします。事情で遅れる場合はメールにてお知らせいたします。
  • 受注生産の品や在庫切れなど10日から3週間の製作期間を頂く場合があります。
  • 合計10000円以上お買い上げで送料を無料とさせていただきます。

■サイト運営者■


〒601-1248
京都府京都市左京区大原草生町60
TEL:075-744-2069
FAX:075-744-2059
e-mail:info@kakishibuzome.com
店舗運営責任者:安井武史

営業時間 10:00~17:00
火曜日

■返品・交換について■

  • 商品のお届けから10日以内であれば返品、交換が出来ます 。
  • お客様の理由による返品、交換の返送料はお客様負担とさせていただきます。
  • 弊社の手違いで、ご注文と異なる商品や不良品などが届いた場合は、お手数ですが着払いにてお送りください。
  • 次の場合の返品交換はお受け致しかねます。御了承ください。
     ・お客様が破損、汚損された商品。
     ・一度ご使用になられた商品。
     ・別注品
このページのTOPへ
Copyright(C)mitsuru-kougei All rights reserved.