2021年7月の定休日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2021年8月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

お取り扱い上のご注意

天然染色の製品の特製をよく御理解頂き長くご愛用頂くため下記の事項にご注意ください。

麻製品お取り扱い上の注意事項

  • 弊社の製品は天然染料で染色しています。化学染料に比べ堅牢度は低いです。
  • 麻は折れ、擦れ、よれ、毛羽立ちがおこりやすい繊維です。過度の摩擦や乾燥、折れた状態で放置等すると、品質が著しく悪化する場合があります。
  • 洗濯する際は中性洗剤で手洗い後、かたちを整えて陰干しして下さい。極力ドライクリーニング業者にお任せすることをおすすめします。
  • 直射日光の当たる場所で使用されると若干色落ちがはやくなります。
  • のれん等は風雨にさらさないで下さい。変色や、脱色、カビの原因になることがあります。

衣料品お取り扱い上の注意事項

  • 弊社の製品は天然染料で染色しています。化学染料に比べ堅牢度は低いです。
  • 着用中の摩擦、汗、水濡れ等により色落ちする場合があります。白物との組み合わせ、重ね着などはなるべくお避けください。
  • できるだけぬるま湯、中性洗剤で単品手洗いし、陰干ししてください。また、絹製品(ストール等)についてはドライクリーニングをおすすめします。
  • 漂白剤ドライクリーニングは絶対におやめください。

天然染色の製品の特徴

天然染料で染色したものは、一般的に化学染料、合成染料で染色したものにくらべて堅牢度が低く、
特に、日光、水、摩擦、酸、アルカリ、金属に弱いという特徴を持っています。
これらの原因によって、変色または脱色する場合があります。天然染色が嫌うものは以下の通りです。
天然の色を末永くお楽しみ頂くために、ご参考にしてください。

以下の事項は変色、脱色の原因になり得ます。

直射日光に長時間当てる。

→直射日光によって、色が飛んだり、焼けたりします。干す時は陰干しで。

水に濡れたまま放置する。

→水に濡れた場合は速やかに乾かしてください。

洗濯機で洗濯する。

→洗濯する際はできるだけぬるま湯、中性洗剤で単品手洗いし、かたちを整えて陰干しして下さい。また、市販の洗剤の中には漂白剤が含まれているものもありますのでご注意ください。極力ドライクリーニング業者にお任せすることをおすすめします。

酸やアルカリが付着する。

→最も変色、脱色がおこりやすいです。柑橘類の果汁、お酢、石けん、重曹などにお気をつけ下さい。

濡れた状態で金属に触れる。

→濡れた状態で金属に触れると、媒染という現象が起きて変色する場合があります。特に、鉄、銅、アルミニウム、錫などにご注意ください。